• Home
  • /Archive by category ' Blog '

Archive For: Blog

私が家族写真を撮る理由④

私の誇りとあなたの誇り たった2時間の撮影で、映画のワンシーンような家族写真をあなたに 一般的に、人はその人の持つ価値と、その人の行動が一致していないと、どこかモヤモヤしたり欲求不満であったりするという。これはホントのことだと思う。どこか、自分らしくないことをしている。。。 かつて、私もフォトグラファー業が上手くいかなかった時があり、別の仕事を一時期したことがあるのですが、お金はもらえても達成感はないし、逆に「これがしたかったのかな、わたし?」と、悩むほどだったのです。 これがその時の私が学んだ貴重なレッスンであり、その後決して、お金=私の仕事とは考えなくなりました。 勿論、お金をもらうのは大切です。しかし、その仕事が私の思う価値と一致しなかったということに気づき、さっさと止めました。“不満”を感じるというのが「自分軸からズレてるよ」という何よりの証拠でした。 ということで、またもや前置きが長くなりましたが、私が家族写真を撮る理由④は、やっぱりコレ “あなたの幸せな瞬間を写真におさめてあげられる” ステキな家族写真はあなただけでなく、ご家族の方、お子さんからも愛される宝物になると思います。 今という時は二度と帰ってこないし、時間はあっという間に過ぎていきます。 その時のあなたの顔、ご主人やご家族、お子さんたちの顔や雰囲気も刻々と変化していきます。 これを繋ぎとめるものは、写真しかありません。 「今、この瞬間を撮っておこうと思って」と言って私の家族写真のセッションに来てくれたのは、ガンを患ったお母様とそのご家族だったんですが、途中、何回か休憩しながら行った仕事に、私は非常に責任感を感じました。 でもそれくらい、このご家族にとってこの写真は貴重なんだろうと心の底から思いました。 私はフォトグラファーという仕事を通して、あなたの人生の幸せな瞬間を残してあげられることをとても誇りに思っていますし、あなたにとっても写真は誇りになると思います。その時は、たった2時間の撮影で映画のワンシーンのような家族写真をあなたに。 ♥パリでの家族写真の詳細はここから 家族写真日本語メニュー

私が家族写真を撮る理由③

ベストロケーションを知っているから たった2時間の撮影で映画のワンシーンのような家族写真をあなたに 今日は、私が家族写真を撮る理由③、これがあったからすぐに家族写真を撮る気になったといっても過言ではありません。それは圧倒的にロケーションの良さです。ロケーション選びは映画でも強力な要素ですよね。 私が一番初めに家族写真の撮影をしたのは、ロンドンに住んでいた時の友人のためでした。2015年の頃です。 その方と同じエリアに住んでいて、お互いの家の近くにHampstead Heathと呼ばれる荒野がありました。 そこでぜひ家族写真を撮ってほしいと頼まれたからです。 【荒野=Heath】という言葉からイメージするのは、野性的で、ほったらかしにされているような場所ではないでしょうか? 実をいうと、私もはじめそんなことを想像したのですが、Hampstead Heathに行けば行くほどその魅力にひかれてしまいました。 何故なんでしょうか? おそらく、大都会ロンドンの中で、唯一、田園風景広がるオアシスのような場所だからだと思います。 起伏があるので、いかにも公園という感じがなく大自然を満喫できる上、ロンドン市内なのですぐに行けて帰れる、この便利さが人気の理由ではないかと思います。 実際、犬は喜んではしゃぎまわり、お洒落なゲイカップル(ゲイでなくても)は池で水浴びなどして、春夏はにぎわっています。 映画「モーリス」を思い出してしまうほど、懐かしい甘美な雰囲気が漂っています。 公園の周りの環境も歴史にあふれ、文化人が愛した場所として有名です。今日ではエルトン・ジョンやローエン・アトキンソンなど、有名人多数が住んでいます。 本当に気持ちが良いエリアです。 そこで、私は家族写真を提供するにあたり、ロケーションとして選んだHampstead Heathをくまなく歩き、いろいろなスポットを開拓しました。場所によって、光が美しく見える時間帯なども把握しています。 皆さん、家族写真に限らず写真を撮る時にはいろいろな理由から撮ると思いますが、場所というのは大きなファクターを持っていると思います。 例えば、 「私たちはこの場所が好き」 「私たちはここに住んだ」 「だから、絶対ここで写真撮りたい!」 というのは、場所から得られる価値があるからです。 人が場所に愛着を持つのはそういう理由からだと思います。 私もこのハムステッドヒースが大・大好きでしたので、 「私がおススメのこの場所で撮る家族写真は誰にも負けないよ!」 くらいの意気込みでやっていました。 そのかいあって、お客さまにもフォトジェニックなお写真を提供できました。 なつかしいですねー。 今はパリに戻ってきて、今年から本格的に家族写真のキャンペーンをしようと思っています。 コロナ危機で、旅行業などは打撃を受けていますが、それでも何もしないというのはありえないですので、私なりに出来る限りキャンペーンも考えます。 あなたにもいつか、パリで家族写真を撮ってもらえたらうれしいです。 パリは素晴らしいロケーションが沢山ありますからね。 その際はベストロケーションで映画のワンシーンような家族写真をあなたに。

私が家族写真を撮る理由②

マリーアントワネットみる幸せのコンセプト たった2時間の撮影で、映画のワンシーンのような家族写真をあなたに パリのフォトグラファー、クルゼ紅絹です。 前回のブログでは日本と欧米の家族写真の違いにも触れましたが、どちらがいいということではありません。 きっと、写真の見せどころが違うだけだと思うのです。 「きをつけー!」の家族写真は、 ♦家族構成がどういうものであるか ♦何を着ているか(七五三など) などを見せたいのに対し、 欧米の家族写真は、家族の雰囲気はどんな感じであるのか? をポイントにしている思います。 家族=幸せというイメージ このことを確信させることがありました。 話はとびますが、今年1月末までパリのサン・チャペルという場所で「マリー・アントワネット展」が開かれていました。 実はここの一角には、マリー・アントワネットが囚われてから最後の日までいた部屋があります。 展示の一つに動画があり、その中である学者が語っていたことがとても印象的でした。 “妃がベルサイユ宮殿内に農場を作ったのは、彼女に家族の幸せ、自分の楽しみを追求するコンセプトがあったからです” 確かにロイヤル・ファミリーは家族であっても、メンバーは政略結婚に使われてきた経緯がありますので、家族としての幸せは第1に考えられてはいませんでしたよね。 でもマリー・アントワネットは家族=幸せと考えていたらしい。 その当時としては、進歩的なアイディアだったのかもしれないですね。 現代では家族=幸せが広く浸透されているので 家族を大切にされるお母さまが、私の一番のお客様であることは間違いありません。 そんなお母さまとご家族の素敵な姿を写真に撮ることが、実は私の楽しみでもあり、幸せでもあります。 これが私が家族写真を撮る第②の理由です。 パリにお越しの際は世界一のロケーションをバックに、たった2時間の撮影で、映画のワンシーンのような家族写真をあなたに。 家族写真についての日本語メニュー

私が家族写真を撮る理由①

家系のカルマだったのかもしれない たった2時間の撮影で、映画のワンシーンのような家族写真をあなたに。 パリのフォトグラファー、クルゼ紅絹です。 今日はフォトグラファーとして【私が家族写真を撮る理由①】についてお話したいと思います。 今日の内容は私のWEBサイトの日本語メニューにも書かれていることを少し、クローズアップしたものですので、全体を把握されたい方はこちらをお読みくださいね。 www.momicrouzet.com/日本語メニュー ****** 私の家系には私以外に2人のフォトグラファーがいました。 一人は私の祖父の叔父にあたる人で、朝日新聞の記者兼フォトグラファーをしていました。彼は戦争の取材で中国に渡りましたが、帰りの船が行方不明になり消息不明になってしまいました。彼は私にとって英雄、レジェンド的存在です。 もう一人は私の直の叔父で、小さな町の写真館を経営していました。小さいころ、彼のスタジオで弟とよく遊んだものです。 そして、私も3代目のフォトグラファーに。 この直の叔父が撮ってくれた家族写真が今でも非常に思い出に残っています。 5月の鯉のぼりが青い空に気持ちよく泳ぐ前で家族で写真を撮ったり、スタジオで撮ったり、人生の節目にはいつも家族写真があったな、と思います。 私は初めから家族写真のフォトグラファーになろうと思ったわけではなく、キッズファッション写真を撮っていました。今もキッズの写真は私の得意分野で、パッションを持って取り組んでいますが、この分野で培った経験やセンスを生かして、普通の人の家族写真が撮れたら素敵だろうな、とつねづね思っていました。なぜなら、家族写真には“集合的、記録的要素”ばかりがイメージにあったので面白くないと思っていました。 きおつけー!の固い姿勢で撮った家族写真、つまらないです。 あなたもそう思ったことはありませんか? しかし、私はヨーロッパに長く住み、欧米の家族写真に触れた時に、背景と人が調和したクリエイティブな構図の中で、自然な家族の瞬間を捉えているので、このような表現方法もあるんだな!と感動したのです。 きっとそういう表現は、シンプルに家族としての楽しい、喜びの瞬間を写真に撮っておこうという気持ちからきているのではないかと思います。 日本では、イベントのたび、なにか義務のように写真を撮っている姿勢とはちょっと違う感じを受けました。 そいうわけで私の写真のスローガンは【Playful, Creative, Poetic】(面白く、創造性に富み、詩的)です。 これは私のロゴの3人のブランコに乗った女の子で象徴されています。

あなたは熱く生きているか?

冬らしくどんよりとした毎日が続いていますが、今日は熱くなるニュースレターです。 今日は何もコマーシャルなことはつらつら書きません。 お休みさせていただきますっ。 先週、今話題の映画「Bohemian Rapsody」を見ました。 伝説のロックバンドQUEENのボーカルだったFreddy Murcuryとメンバーの 人生が描かれていて、 「えー!フレッディーってZanziber出身だったの!」 とか 「へー、女性の恋人もいたんだね!」 とか 「バンドのみんなも、インテリだったんだね。」 などいろいろな発見がありました。 この映画の良いところは何よりも天才フレッディーを理想化して描いていないところ。 天才も過ちを犯す(ネタばれするので、あまり突っ込んで書きませんが。) でも言い訳せず、立ち直りも早い! 流石だー切り替え早い。 バンドメンバーも人情熱いね! というわけで、 こんな話だと期待していなかったので、 私もかなりロックされました。   クレッシェンドは、もちろん映画のラストシーン、アフリカ危機を救うライブエイド。 天からグワーッと下に降りるカメラの撮り方で、 まるで自分がその場にいるような迫力に包まれて、震えました。 でも、あの素晴らしいステージの裏に、 こんなに心をゆさぶられるバンドの危機のストーリーがあったとは知りませんでした。 映画を観ていない人はぜひこの週末にでも見てくださいね。 本当カッコイイから。。。 さてここからは、トーンを変えて、スターの寿命の話ですが 普通の人の寿命が平均80歳から100歳くらいまで可能な今日、 スターの人生は明らかに短いですね。 フレッディー 45歳 デービットボーイ 69歳 マイケルジャクソン 50歳 ニルネバ    27歳 おそらく、普通の人よりも3倍くらい刺激的な人生なのでカラダがもたないのもわかります。 それを悪いとするか、良いとするかは別として、 この映画を観たあと、私にはこんな質問が降ってきました。 ***************************************** 「あなたは熱く生きているか?」 ***************************************** さてこれと全く同じ質問をこの記事を読んでいるあなたにもしてみたいと思います。 「あなたは熱く生きていますか?」 「XXX自由回答」(あなた) 煮え切らないまま、人生を淡々と送っていないでしょうか? 人が作った常識をそのまま受け止めてしまっていませんか? 諦めの上に、不満の原因を人のせいにしていませんか? いろんな人、いろんな状況が世の中にはあると思います。 でも、究極にいうと、 【あなたの人生はあなたの責任ですから、面白くするのもしないのも、 あなた次第、あなたがクリエイターなんだよ】 というシンプルな事実を 映画をとおして、人生からまた問いかけられているような気がしました。 ... Read More

わくわくSwitch Onの会主宰の写真講座にて講師を務める

皆さん こんにちわ。 今日は、わくわくSwitch Onの会主宰の写真講座にて講師を務めさせていただきました。         今回のテーマは携帯電話で撮る人物撮影。 前日まで参加者が集まり続けてうれしかったのですが、始める前にアンケートしたかった。。。 という私の後悔を吹き飛ばすかのように盛り上がりました。(今回はこれでよしということで) 初めに一人づつ口頭で、 「何を期待してこのワークショップに参加したのか?」 という問いに、 「自分を綺麗に撮ってもらいたい」 もしくは 「誰かを綺麗に、カッコよく撮りたい」 という希望がチラホラ。 はやり自分を綺麗に撮りたいというのは、女性の永遠のテーマですね。 それならば、いつも皆さんがしないようなポーズに挑戦しましょう!ということで、 参加者にモデルになっていただき撮影をはじめました。 そして、○○というアプリの紹介。 「キャーすごい!」 「こうやって加工してるんですねー!」 「こういうの見たことある―!」 という盛り上がる女子の声。 もう止まらない。 この日は屋内と屋外で撮影の練習をしました。 そして結果は、雑誌並みの可愛い写真がたくさん撮れ、講師の私も皆さんの習得の速さに本当にビックリ! 参加者の皆さま、ワクワクする会を企画してださったマサコさん、ありがとうございました。 ****************************************************************************************************** 今回は人物ががテーマでしたが、貴方の撮りたいものに合わせて個人、グループでの写真ワークショップ も随時行っています。 メニューのカメラワークショップのページもご覧くださいね。 ******************************************************************************************************** 下は生徒さんの作品の一部です!素敵でしょ。    

美容コラボレーション終了

去る2月28日、ロンドンのチャリスギャラリー(Chalice Garelly)において、KOTOHA Cosmetics Londonのディレクター、 小幡洋子さんとのコラボ―レーション企画、 【美しさの秘密はセルフイメージにあった、あなたをフォトジェニックにする実践講座】 が行われました。 当日、ロンドンは10年ぶりにみる大雪で、出足が鈍るのではないかと思いましたが、全員無事に参加!               洋子さんからは。黄金比率メイク法。目を大きく見せる方法やハイライトの入れ方。 皆さん、真剣な様子でメイクしています。               私からは、フォトジェニックに映るためのポーズや笑顔のテクニック。 覚えておくと差がつく、美しい立ち姿です。これでインスタグラムも怖くない!                 今回はプロフィール写真もプレゼントしていますので、あとになっても楽しみがつづきますね!                 そしてランチには、M&Sの日本食エグゼクティブディレクターの正シェフによる美容弁当。 季節感のある鹿肉、お雛様が近いのでちらし寿司で見た目も、美しい!             終了してみて改めて、参加した女性の皆さまの美人度の高さに驚き!   そして大好評につき、なんと同じ内容で2回目の美容ワークショップを 4月下旬に開催予定です。 ... Read More

コラボレーション企画、美容ワークショップのお知らせ

    今日は、前回のニュースレターでもちらっと書きましたが、 2月28日に、ロンドンのChalice Galleryにて、 KOTOHA Cosmeics London のディレクター、小幡洋子さんとの 美容コラボレーション企画、 « 真の美しさを手に入れる秘訣はセルフイメージにあった! 貴方をフォトジェニックにする実践講座 » のお知らせです。 上の写真は参加者からの質問に、真摯に答えている洋子さんです。(クルゼ撮影) « なぜこの企画なの? » と思われるところですよね。 話が長くなるので、詳しくはコチラをクリックして、 私たちからの無料の案内を読んでください。 大変興味深い内容だと自負しています!!! 今日のレターでは、なぜ?の理由を手短に書きますが、 女も35歳を過ぎると自動的に輝きません。 « ソーシャルメディアに自分の写真は載せたくなーい! » という悲鳴をよく耳にします。 わかります。 そのためにはメンテナンスが必要。 « それは知っている! » はい、そのツッコミ。 この講座では、美容研究家である洋子さんが 年齢にあった外側からの美容法、 エイジング対策、 美白、 シミ、 たるみ に関する様々な質問に答えてくださいます。 私も普段、美容系の雑誌は読まないほうなので、この機会に 最新の内容をアップデートしたいと思っています。 今から質問も受け付け中です。 FACEBOOKグループ 同じ年齢の女性がどのような悩みを抱え、どんな解決法があるのか 聞くだけでも価値があります。 そして、美容にまつわる キツイ。。。 辛い。。。 といったイメージを払拭し、 楽しく継続させるための内面からのアプローチ法、セルフイメージ改善法に 着目したワークも用意してます! なぜなら、セルフイメージが低いと、美容だけでなく、人生全般においても 空回りだからです。 このセルフイメージのカラクリを解説し、美容に上手く利用しながら 最終的に 貴方をフォトジェニック、またはインスタジェニックにしていこう! という画期的な企画です。 もちろんソーシャルメディアやっていなくても、十分に楽しめる内容です。 それにプラス、私たちそれぞれの専門分野からの有益なアドバイスと実践ですが、 洋子さんからは、写真映りが劇的に良くなる黄金比率メイク法を。 ... Read More

目標は適当型

クリスマス、お正月いかがでしたか? 私はロンドンで過ごしましたが、今までになくリラックスしたホリデーでした。 そして、シャンパンとワインの飲みすぎでしばらく肌が荒れました。。。 さて、 1月とあって、皆さん新年の目標、計画についてお話しされている方も多いと思います。 目標達成するパターンにも3タイプあるそうで(私のビジネスの師匠がいうには) ・目標設定型 ・目標展開型 ・ハイブリッド型 とあるそうです。 どのような特徴かといいますと、 目標設定型 ・行きたい未来に向けてのやること、 進むコースが決まっている。 ・決められた時間内に、いかに効率良く クリア、達成できるかが勝負。 ・競争原理が適応されやすい。 目標展開型 「いまここ」を大事にする。集中する。 ・目の前に現れた人、出来事などに、 対応していくことでドンドン道が拓ける。 ・未来はあらかじめ決まっていなくて、 どんな未来になるかは、いま何をするかで 決まり、変更もできる。という考え方。 ハイブリッド型 行きたい方向性や目指す世界観だけは 決まっている。「北極星」のようなもの。 ・他人にも目指すビジョンを見せることで、 自分だけでなく人を巻き込んでいく。 ・自分でやり方や必要なものがわからなくても、 出会った人がヒントをくれると信じれる。 おとめ座である私は、いままで非常に綿密に計画を立て、着実に それをこなしてきましたが、良い結果を出せたこともあるし、全く意味無かった事も山のようにあります。 意味の無かったことは、、、単なる自己満足で終わっています。 大局してみると経験にはなったかな? くらいの位置づけです。 しかし、この目標設定型の難点は、やっているうちに苦しくなってしまうんですねー。 今の世の中、変化も激しいので、年の初めに立てた計画だって 変化していって当然ですよね。 貴方の中でハマっていることだって、何カ月後にはもうそうでないことだって 沢山あるはずです。 ですから、今年は思い切って適当にやることに決めました。 « 適当は困るよっ » と、貴方は思われるかもしれませんが、 適当というのは、その時々のトレンドと私の心がピンとくるものだけを中心に 仕事するという意味です。 あれこれやっていると、人生短いので時間が無くなってきます。 « いい加減、早く本気出せ! » と自分に言いながら。 もちろん、私が出した企画には責任をもって100%全力で取り組みますのでご心配なく。 さあ、あなたは今年どうされるんでしょうか? 今年初めの企画 アーティストのためのポートレート、仕事場風景 非常に個性的な写真がうまれる予感がするこの企画。 アーティストと作品は双子のような存在。 ... Read More

11月の企画

アナと雪の女王のメロディーに載って11月企画報告             こんにちわ クルゼ紅絹です。 ハロウィーンを境に、気温がぐっと下がるのがわかりますね。 “♪少しも寒くないわ!” と強気で一人歌ってみる私です。 しかし、寒い。。。 今年もとても好評だったハムステッドヒースでの家族写真は 特別延長して11月12日まで行います。 それ以降は、エルザ姫のように寒さには強くないので ロンドン市内の温かいスタジオに切り替えます。 こちらは、 ”赤ちゃんと今年中に、温かいスタジオで撮る家族写真” がテーマ。 泣いても笑っても2017年はあと2か月。 生まれた年に撮った写真は赤ちゃんやご家族にとってもやはり特別、 と考えるのは私だけでしょうか? 以前のニュースレターにも 「時間は敵」というタイトルで書きましたが、 時間というのは消えていってしまう運命にあります。 しかも目に見えない無形。 そこに生きている私たち。 多くの人は年末の紅白歌合戦を見終わって、 “ゆく年くる年” とテレビに出たころ初めて 「時は過ぎる ! 今年も○○やらなかった。。。」 と後悔し考え始めるかもしれません。 しかし、明日になったら永遠に戻ってこない今日に自分が生きていたという 証明を何かの形でとどめておこうと、一部の人々はしてきました。 例えば、親日家でもありフランスの大統領だったジャック・シラクさん。(1995-2007) 彼は在職中に自分の名前の入った美術館を建てました。( Musée du quai Branly-Jaque Chirac ) 「ある時期に大統領だった自らの存在証明を残したい!」 その強い気持ちからです。 翻って、私たちは何で存在証明をとどめているんでしょうか? 「何もしてない?」 「あ、そう。」 そんなあなたのためにこの企画を作りました。 「2017年のあなた、ご家族、愛、エネルギーを写真でとどめておこう、 ありのままの姿をみせるのよ~♪」 それが忘れてほしくないこのスタジオ家族写真の重要なリフレインです。 美術館は立てる必要はありません。 家族写真で十分です。 ****** ... Read More