Blog

朝からビックリしたな。

先週は朝から静かにビックリしたことが起こりました。 「へ?」 と一瞬思ったのですが、後でよくよく考えたら 「快挙だー、よくやったー私!」 という気持ちがフツフツと湧いてきました。 なにかというと、、、 前回のニュースレター兼ブログで、 “日本のキャスティングエージェンシーKIDS-TOKEI と VOGUE ITALIAがコラボ―レーションしている企画で、 私の担当するKIDS-TOKEI Parisの参加者の中から グランプリを出したい” と書いたのですが、 なんとパリ参加者の中から2019年版の優勝者の一人が選ばれたのです! VOGUE ITALIAの6月号に掲載されます。 残念ながら、契約上写真はここにはのせられないのです。 グランプリにえらばれたのお子様の名前は、 仮にYちゃんとしておきましょう。 Yちゃんを撮影していて、 「この子は何かあるな~」 と感じていたのですが、やはりその子がサクッと選ばれてしまいました。 アシスタントしてくれた人からテキストが入り、 「モミさん、やりましたねー。おめでとうございます!」 と見て、 “あ、ついでに私の写真がVOGUE ITALIAに載るのか~” と、ちょっと簡単に成功してしまったことが信じられませんでした。 以前、私のメンターが、 「成功やお金は探しに行くものではない。向こうから やって来るものだ。だから自分が的になるように器を広げておけ!」 と言っていたことをふと思い出しました。 人生卓越している人は、そもそも言うことが違いますねー。 ということで、本当にこれを経験してしまった私は、 ものすごーく、そして静かにビックリしたのですね。 ハイ、前置きが長くなりましたが、今日はこれと同じくらい重要で貴重な企画をご紹介します。 貴女が女性だったら必ず益がある案件です。 皆さんもご承知の通り、私はフォトグラファーではありますが、 ただのフォトグラファーではありません。 誤解してほしく無いですが、自慢ではなく 私のもう一つの才能を活かし、ビジネスプロデューサーの顔もあるということです。 詳しくは2018年に電子書籍として出版された本 【プロが教えるインスタブランディングと簡単マーケティング術】 に内容濃く書いてあります。 これをベースにして、今度は私がピーンときた起業家の方をマッチングさせて さらに面白いものを作ってしまおうと考えまたのが、今日ご紹介する 【美容講座 パリ・リトリート2019】です。 LINKを見てもらえれば、セミナーの内容は適切に書かれていますので 興味のある方は詳しいことは後でこちらをご覧ください。 つまり、意識改革という目に見えない領域を改善することによって、 現実を変えていくという心理学の法則=思考は現実化する この法則を美容に適用し、そこに成長ホルモン(若返りの源)と、くびれた曲線美を促進する美容ヨガ、 と、正しいスキンケアレッスンを加えることで内側と外側から美人になり、このポジティブなエネルギーを発揮してさらに幸せなスパイラルに入る流れを作る・・・ 心と美容の専門家2人をパリまで招待して理論と実践する2日間限定のセミナーです。 ... Read More

2年ぶりにプロフィール写真を更新

ううー、寒いですね~。 まあ、冬だからしょうがないですね。 さて、私、2年ぶりにプロフィール写真を更新しました。 「え、誰?新しい女優の写真かな?」 と思った方、 私です。 フォトグラファーもプロフィール写真を撮ってもらう時代になりました。。。 これを撮るのに、なんと国境を越えベルギーまで行ってきました。 「パリにもフォトフグラファーなんて沢山いるじゃないか!」 とも考えましたが、 やはり、信頼できるフォトグラファーの前でないと こっぱずかしいし、 どんな写真ができてくるのか不安。。。   ということで長年の友人のフォトグラファーのところへ タリス(ユーロスターの姉妹版)に乗って行ってきました。 なぜここまでして写真を撮ったのかのもう一つの理由は、 女性フォトグラファーは男顔負けみたいな色っぽくない人が多い中、 私のように可愛いフォトグラファーは貴重。。。(だからモチベーションが高かった) もう、それだけで他の同業者と差別化できる。 ついでにクライアント層も変わる。 一般的な女性フォトグラファーのイメージとは反対のところにいる 私はいる、ということを伝えたかったのです。 あ、言ってしまった。 でも、キャラって思った以上に大切。 はい、ちょっとイントロダクション長くなりましたが、 あなたの2019年の第1か月目はいかがでしたでしょうか? 私の1か月目は大変でしたが、かなり楽しかったです。 まずは、ロンドン発の日本ブランドOWA YURIKAさんとの新しいコレクションAW2020の撮影. 東洋のテイストを上手く西洋とミックスさせ、 シンプルかつアーティステックなセンスがキラリと光るブランドです。 インスタグラムでも、OWAさんの投稿される絵画やお菓子のイメージなんかが 私の世界観に似ていて、インスタではじめて見た時はびっくりしましたが 今回、一緒にお仕事できて本当にうれしかったです。 2020秋冬のゴージャスなコレクションを垣間見れてラッキーでした。 (残念ながら男の子用はない。) それからKIDS-TOKEI Parisの撮影会も順調で、1回目よりも スタイリングレベル上級の参加者、 現役のプロモデルも増えて、 本当にこんな素敵なモデルたちに出会えるだけで テンション上がりました。 年間を通して世界各地で撮影に参加されるキッズモデルの中かから数名が ファッション誌VOGUE・ITALIAに載る企画ですが、 2019年はパリ・ロンドン地区からも、 優勝者を出したい! と本気で思っています。 なぜなら、VOGUE ・ITALIAに選ばれれば、 その子の人生はロケットのように加速して飛んでいって しまうかもしれない。。。 そんなワクワクした冒険いっぱいの未来を お手伝いできることになるからです。 KIDS ... Read More

あなたは熱く生きているか?

冬らしくどんよりとした毎日が続いていますが、今日は熱くなるニュースレターです。 今日は何もコマーシャルなことはつらつら書きません。 お休みさせていただきますっ。 先週、今話題の映画「Bohemian Rapsody」を見ました。 伝説のロックバンドQUEENのボーカルだったFreddy Murcuryとメンバーの 人生が描かれていて、 「えー!フレッディーってZanziber出身だったの!」 とか 「へー、女性の恋人もいたんだね!」 とか 「バンドのみんなも、インテリだったんだね。」 などいろいろな発見がありました。 この映画の良いところは何よりも天才フレッディーを理想化して描いていないところ。 天才も過ちを犯す(ネタばれするので、あまり突っ込んで書きませんが。) でも言い訳せず、立ち直りも早い! 流石だー切り替え早い。 バンドメンバーも人情熱いね! というわけで、 こんな話だと期待していなかったので、 私もかなりロックされました。   クレッシェンドは、もちろん映画のラストシーン、アフリカ危機を救うライブエイド。 天からグワーッと下に降りるカメラの撮り方で、 まるで自分がその場にいるような迫力に包まれて、震えました。 でも、あの素晴らしいステージの裏に、 こんなに心をゆさぶられるバンドの危機のストーリーがあったとは知りませんでした。 映画を観ていない人はぜひこの週末にでも見てくださいね。 本当カッコイイから。。。 さてここからは、トーンを変えて、スターの寿命の話ですが 普通の人の寿命が平均80歳から100歳くらいまで可能な今日、 スターの人生は明らかに短いですね。 フレッディー 45歳 デービットボーイ 69歳 マイケルジャクソン 50歳 ニルネバ    27歳 おそらく、普通の人よりも3倍くらい刺激的な人生なのでカラダがもたないのもわかります。 それを悪いとするか、良いとするかは別として、 この映画を観たあと、私にはこんな質問が降ってきました。 ***************************************** 「あなたは熱く生きているか?」 ***************************************** さてこれと全く同じ質問をこの記事を読んでいるあなたにもしてみたいと思います。 「あなたは熱く生きていますか?」 「XXX自由回答」(あなた) 煮え切らないまま、人生を淡々と送っていないでしょうか? 人が作った常識をそのまま受け止めてしまっていませんか? 諦めの上に、不満の原因を人のせいにしていませんか? いろんな人、いろんな状況が世の中にはあると思います。 でも、究極にいうと、 【あなたの人生はあなたの責任ですから、面白くするのもしないのも、 あなた次第、あなたがクリエイターなんだよ】 というシンプルな事実を 映画をとおして、人生からまた問いかけられているような気がしました。 ... Read More

時代(人は)経験を求めている!

こんにちわ クルゼ紅絹です。 近所の老舗デパートのショーウインドウに モミの木が飾られ、ついに冬到来。 これを目にした時、全く寒くなかったので、 なんだか凄い違和感を覚えました。 季節的には間違ってはいないので、最終的には まとまっているのかもしれませんね。 このブログもなんとなくまとまっている感じです。 まずは10月におこなわれたTOKEI-KIDSの撮影について。 TOKEI-KIDS撮影の概要はニュースレター読者にはメールで お話したので今回は割愛ですが、アジア地域では キッズモデルの登竜門的な写真撮影会として有名です。   パリはこの10月に第1回目がスタートし、私が担当させていただきました。 第1回目というのはハプニングがつきもので反省多しでしたが、これも次回のために良い材料で、 今後の撮影にきっと生かされることだと思います。 しかしながら、参加者はかなりやる気の子どもたちばかりで、 スイスからこのためだけに来た子もいて、本当に驚きました。 契約上、写真はここにのせられないのですがバックステージの様子を アシスタントさんに撮影していただきました。(撮影最後には、簡単な家族写真も撮ってもらえる)             人気企業とコラボして気づいたことは、 【時代は(人は)体験を求めている!】 ということでした。 実際、日本でもキッズモデルを目指しているお子さんだけが撮影会にくるのではなく、 【ただモデル体験をしたい】 お子さんやご家族の方もいらっしゃることも多いのだそうです。 なぜなら、プロに撮ってもらう経験は特別感がでるので ブログをしているママだったりすると、 この経験はちょっと自慢できる貴重なブログの材料になるわけです。 今ではSNSの普及でそれぞれの人に発信力があるので、 貴重な体験➡SNS という流れに自然になっているのかもしれませんね。 2018年も残り2か月。(はやっ!) 泣いても笑ってもあと2カ月で2018年も終わりなんですから まだ今年、何も新しいことに挑戦してなかったら 今がラストチャンス! 意外な発見 ユニークな経験 勉強 成長 に繋がること間違いなし。 それから、今年秋の家族写真プロモーションは、私の引っ越しもあって 入念に準備できず、ささやかにやっております。 いつものような豪華なギフトもアルバムもないです。 すみません。 皆さんに良いものをご提供したいので、それなりの業者さんをみつけないと プロモーションも質が落ちてしまうのです。 ですからちょっとお待ちください。 ... Read More

貴方をスターにする放射線構図 動画付き

久々に、カメラワークショップの人気講座、 【女性の為の風景写真講座】の動画を作りました。 本篇で第4作目。 名付けて、「貴方をスターにする放射線構図、南仏カンヌ編」 実はもっと早く作りたかったのですが、できませんでした。 なぜなら、貴方に一発でわかってもらうために毎回工夫しているのですが、 インスピレーションがなかなか湧かなかったからです。 「そういうこともあるの?」 「あります。言い訳ですみません。」 しかし! 今年の夏休みに南フランスのカンヌ(Cannnes)を訪れた時、 カンヌ国際映画祭の会場として使われている建物のレッドカーペットで ポーズをとっている無数の観光客を見てピンときて、この動画を作りました。 (特に中国人は、半端なく長い時間をかけて写真を撮っています) *************************************************************************** 貴方をスターにする放射線構図、下から3分でサクッと見れます。 ***************************************************************************************** ここで質問ですが、 Qもしレッドカーペットがあったらあなたは写真を撮りたいですか? ➡YESと答えた方 その理由は? 1.思い出のため? 2、あこがれのスターの真似をしたいため? 3、実はスター願望があるため どれでしょう?(複数可) ➡NOとお答えのあなた レッド・カーペットを見ても素通り? かなり、ストイックですねー。 あなたの憧れのスターもここで写真撮られてますよ。 とりあえず、私の動画でも見て一息入れてください。 これで、あなたもスターのように注目度の高い写真が撮れる。 カンヌに行かなくても、です。 そして、もし動画を見ても気分があがらなかったら、マダムツサンという美術館に行くことをおすすめします。 ストイックなあなたもスマートフォンをだして、一緒に写真撮ってしまうこと間違いなし。 それではよい新学期を

IT苦手の女性のためのBOOTCAMP

さて、2016年ごろから始まった女性の起業ブームも 2018年の日本では、ひと波去ったようです。 この時期、今までやってきたビジネスの方法を見直したい方も でてきているのではないでしょうか? 「こんなはずではなかった。。。」と。 フォトグラファー兼ウェブコンサルタントの私としても 今後、起業した女性たちがどうなっていくのか動向を興味深く見守っています。 やはり、起業するのは簡単でも、ビジネスするには 継続的な努力、向上心、好奇心が必要ですよね。 さて、 独自の聞き込み調査をしてわかったことですが、 「ビジネスをしているのにITの苦手な女性起業家率は高い!」 (実に10人中7人) これがどういう意味かというと IT苦手=貴方のビジネスの可能性を制限している ことなのです。 まわりが、あなたのことをほっておかない、 勝手に世話してくれる、 というのではれば話は別です。 しかしまだそんなことが起きていないなら、貴方には今の時点で やらなければならない課題があるということです。 もしあなたがITなしでも既に成功しているなら、 今よりもっと成功できる可能性があると断言できます。 でも限界を作らずに成長したくないですか? そこで、このようなIT苦手の女性起業家たちのビジネス力UPのために 6月からBOOTCAMPを行う予定です。 ******************************************************************************* 内容は二つに要約されます。 ♦基本♦ ITを使いこなして、時間節約、効率化、顧客分析力、企画のための資料、 リストを増やしてビジネス力をUPさせる ♦応用♦ 私が小幡洋子さんとの美容ワークショップ第2弾で使った ウェブマーケテイング方法を学び、ファンを作りながらムリなく集客する 下のオフィシャルページから仮登録してくださった方には、もれなく 小幡洋子さんとコラボレーションして行ったワークショップ舞台裏の 集客の秘話などを語った特別対談が見れます。 視聴するだけでも、ビジネスのヒントになることがたくさん隠されています。 *************************************************************************************** もう一度言いますが、 IT苦手の女性起業家の弱みをえぐって刺すような痛ーい部分にふれます。 BOOTCAMPはそれを救ってくれる集中治療室のようなものです。 この機会に治療しますか?   IT苦手の女性のためのビジネスBOOTCAMPオフィシャルページはコチラ  

わくわくSwitch Onの会主宰の写真講座にて講師を務める

皆さん こんにちわ。 今日は、わくわくSwitch Onの会主宰の写真講座にて講師を務めさせていただきました。         今回のテーマは携帯電話で撮る人物撮影。 前日まで参加者が集まり続けてうれしかったのですが、始める前にアンケートしたかった。。。 という私の後悔を吹き飛ばすかのように盛り上がりました。(今回はこれでよしということで) 初めに一人づつ口頭で、 「何を期待してこのワークショップに参加したのか?」 という問いに、 「自分を綺麗に撮ってもらいたい」 もしくは 「誰かを綺麗に、カッコよく撮りたい」 という希望がチラホラ。 はやり自分を綺麗に撮りたいというのは、女性の永遠のテーマですね。 それならば、いつも皆さんがしないようなポーズに挑戦しましょう!ということで、 参加者にモデルになっていただき撮影をはじめました。 そして、○○というアプリの紹介。 「キャーすごい!」 「こうやって加工してるんですねー!」 「こういうの見たことある―!」 という盛り上がる女子の声。 もう止まらない。 この日は屋内と屋外で撮影の練習をしました。 そして結果は、雑誌並みの可愛い写真がたくさん撮れ、講師の私も皆さんの習得の速さに本当にビックリ! 参加者の皆さま、ワクワクする会を企画してださったマサコさん、ありがとうございました。 ****************************************************************************************************** 今回は人物ががテーマでしたが、貴方の撮りたいものに合わせて個人、グループでの写真ワークショップ も随時行っています。 メニューのカメラワークショップのページもご覧くださいね。 ******************************************************************************************************** 下は生徒さんの作品の一部です!素敵でしょ。    

美容コラボレーション終了

去る2月28日、ロンドンのチャリスギャラリー(Chalice Garelly)において、KOTOHA Cosmetics Londonのディレクター、 小幡洋子さんとのコラボ―レーション企画、 【美しさの秘密はセルフイメージにあった、あなたをフォトジェニックにする実践講座】 が行われました。 当日、ロンドンは10年ぶりにみる大雪で、出足が鈍るのではないかと思いましたが、全員無事に参加!               洋子さんからは。黄金比率メイク法。目を大きく見せる方法やハイライトの入れ方。 皆さん、真剣な様子でメイクしています。               私からは、フォトジェニックに映るためのポーズや笑顔のテクニック。 覚えておくと差がつく、美しい立ち姿です。これでインスタグラムも怖くない!                 今回はプロフィール写真もプレゼントしていますので、あとになっても楽しみがつづきますね!                 そしてランチには、M&Sの日本食エグゼクティブディレクターの正シェフによる美容弁当。 季節感のある鹿肉、お雛様が近いのでちらし寿司で見た目も、美しい!             終了してみて改めて、参加した女性の皆さまの美人度の高さに驚き!   そして大好評につき、なんと同じ内容で2回目の美容ワークショップを 4月下旬に開催予定です。 ... Read More

コラボレーション企画、美容ワークショップのお知らせ

    今日は、前回のニュースレターでもちらっと書きましたが、 2月28日に、ロンドンのChalice Galleryにて、 KOTOHA Cosmeics London のディレクター、小幡洋子さんとの 美容コラボレーション企画、 « 真の美しさを手に入れる秘訣はセルフイメージにあった! 貴方をフォトジェニックにする実践講座 » のお知らせです。 上の写真は参加者からの質問に、真摯に答えている洋子さんです。(クルゼ撮影) « なぜこの企画なの? » と思われるところですよね。 話が長くなるので、詳しくはコチラをクリックして、 私たちからの無料の案内を読んでください。 大変興味深い内容だと自負しています!!! 今日のレターでは、なぜ?の理由を手短に書きますが、 女も35歳を過ぎると自動的に輝きません。 « ソーシャルメディアに自分の写真は載せたくなーい! » という悲鳴をよく耳にします。 わかります。 そのためにはメンテナンスが必要。 « それは知っている! » はい、そのツッコミ。 この講座では、美容研究家である洋子さんが 年齢にあった外側からの美容法、 エイジング対策、 美白、 シミ、 たるみ に関する様々な質問に答えてくださいます。 私も普段、美容系の雑誌は読まないほうなので、この機会に 最新の内容をアップデートしたいと思っています。 今から質問も受け付け中です。 FACEBOOKグループ 同じ年齢の女性がどのような悩みを抱え、どんな解決法があるのか 聞くだけでも価値があります。 そして、美容にまつわる キツイ。。。 辛い。。。 といったイメージを払拭し、 楽しく継続させるための内面からのアプローチ法、セルフイメージ改善法に 着目したワークも用意してます! なぜなら、セルフイメージが低いと、美容だけでなく、人生全般においても 空回りだからです。 このセルフイメージのカラクリを解説し、美容に上手く利用しながら 最終的に 貴方をフォトジェニック、またはインスタジェニックにしていこう! という画期的な企画です。 もちろんソーシャルメディアやっていなくても、十分に楽しめる内容です。 それにプラス、私たちそれぞれの専門分野からの有益なアドバイスと実践ですが、 洋子さんからは、写真映りが劇的に良くなる黄金比率メイク法を。 ... Read More

目標は適当型

クリスマス、お正月いかがでしたか? 私はロンドンで過ごしましたが、今までになくリラックスしたホリデーでした。 そして、シャンパンとワインの飲みすぎでしばらく肌が荒れました。。。 さて、 1月とあって、皆さん新年の目標、計画についてお話しされている方も多いと思います。 目標達成するパターンにも3タイプあるそうで(私のビジネスの師匠がいうには) ・目標設定型 ・目標展開型 ・ハイブリッド型 とあるそうです。 どのような特徴かといいますと、 目標設定型 ・行きたい未来に向けてのやること、 進むコースが決まっている。 ・決められた時間内に、いかに効率良く クリア、達成できるかが勝負。 ・競争原理が適応されやすい。 目標展開型 「いまここ」を大事にする。集中する。 ・目の前に現れた人、出来事などに、 対応していくことでドンドン道が拓ける。 ・未来はあらかじめ決まっていなくて、 どんな未来になるかは、いま何をするかで 決まり、変更もできる。という考え方。 ハイブリッド型 行きたい方向性や目指す世界観だけは 決まっている。「北極星」のようなもの。 ・他人にも目指すビジョンを見せることで、 自分だけでなく人を巻き込んでいく。 ・自分でやり方や必要なものがわからなくても、 出会った人がヒントをくれると信じれる。 おとめ座である私は、いままで非常に綿密に計画を立て、着実に それをこなしてきましたが、良い結果を出せたこともあるし、全く意味無かった事も山のようにあります。 意味の無かったことは、、、単なる自己満足で終わっています。 大局してみると経験にはなったかな? くらいの位置づけです。 しかし、この目標設定型の難点は、やっているうちに苦しくなってしまうんですねー。 今の世の中、変化も激しいので、年の初めに立てた計画だって 変化していって当然ですよね。 貴方の中でハマっていることだって、何カ月後にはもうそうでないことだって 沢山あるはずです。 ですから、今年は思い切って適当にやることに決めました。 « 適当は困るよっ » と、貴方は思われるかもしれませんが、 適当というのは、その時々のトレンドと私の心がピンとくるものだけを中心に 仕事するという意味です。 あれこれやっていると、人生短いので時間が無くなってきます。 « いい加減、早く本気出せ! » と自分に言いながら。 もちろん、私が出した企画には責任をもって100%全力で取り組みますのでご心配なく。 さあ、あなたは今年どうされるんでしょうか? 今年初めの企画 アーティストのためのポートレート、仕事場風景 非常に個性的な写真がうまれる予感がするこの企画。 アーティストと作品は双子のような存在。 ... Read More